2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんの ちょうちん

baba_1.jpg

baba_2.jpg

baba_3.jpg

baba_4.jpg

baba_5.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

↑ お越し頂き、ありがとうございました。
  おばあちゃん、見守っててね・・・。




★5STYLE インテリアブログランキング★



スポンサーサイト

● COMMENT ●

ええええ(PД`q。)・゜・macoドンいいお話~~~

私も、なんだか大好きだったおじいちゃん思い出しちゃったよ~

それでね、うちの母もね
似たようなカラクリ箱持ってる(*´艸`*)
そして、私もそんな人形のイヤリング持ってたー
私のは木のだったなぁ。

ちょうちんは初めて見たよ。
いいね~(*´艸`*)七夕とかお正月とかにも。

そして、おばあちゃんち。
きっとお宝いっぱいあったんだろうねぇ。・*
私も、壊したおばあちゃんち、今頃になって
お宝だらけだったよなぁ。。。って思って(ノ´∀`*)
当時は、全く興味なかったんだけど
ガラガラドアだって、鍵だって、も~~~(o≧▽≦)o

…もったい事をした| ̄ω ̄、|

アリ*:・(*-ω人)・:*ガト

朝からじんわり泣きました。
mavoさまの器用さ、モノづくりや工夫の原点はおばあちゃんからも受け継がれていたんですね。

モノがないから
これができないから

そう言って自分に言い訳をしているのが恥ずかしく思えました。

引越しが済んで落ち着いたら是非提灯もトライしてみます。
(い*・ω・)は小さすぎる学習塾をやってるんですが
中高生の生徒にmacoさまのこと、おばあちゃんのことを話しながら
提灯を一緒に作ってみたいと思います。
学習塾は、何も学校で習うことや入試の勉強のためだけにあるんではないと思っています。

macoさまのお話、モノづくりを通して考えたり作ったりすることで
勉強につながることもたくさんありますよね。
モノをつくることが、結論を導き出す数学の証明の勉強に。
お話を理解して頭で整理し、自分の言葉で感想を言うことが国語の読解の勉強に。

日々の生活で身につけることは学力になるというのが持論なのです(エラそう・・・。( TДT)ゴメンヨー

なのでこの記事のお話、生徒にしてもいいですか?
お許しが出るならばmacoさまの記事をプリントアウトして授業で使わせていただけますか?

仕事の話しにもっていってしまい恐縮ですが
今のゲームや携帯主体の子供たちに伝えていけることが
macoさまの記事にたくさん盛り込まれていると思います。

優しくて、器用で可愛い、ちょっと頑固なmacoさまのおばあちゃん。
お母様がおばあちゃんに似てきたように
きっとmacoさまも素敵なおばあちゃんになると思います。

もし万が一、地獄に落ちても助けに来てくれるおばあちゃんがいるなんて
なんて幸せなmavoさま!←しつこい?


・・・まだまだ若いですけどね☆

いやん・・・

私も泣けちゃった~e-330
確実に受け継がれているんですねe-68

泣く・・・・

私は祖父母が遠方で、「おばあちゃんとの思い出」なんて全然ないし、
人見知りしてしまうくらい縁遠い人なんだけど・・・
なんかもったいないことなのかもなあ。
受け継げるかもしれないいろんな引き出しに、
まったく触れることもなく育ってきてしまったんだなあ・・・と思いました。

なんか今、トイレの神様が脳内BGMになってしまいました(笑)


いつかmacoさんから次の世代におせちパンフのちょうちんが伝えられていくのでしょうか?
意外にもチラシ感がなくなってきれいですね☆

とも様 Re: タイトルなし

ええええええん。ばあちゃん思い出すと
ウルウルしちまうよォ、ともスケェ。ええええん。

からくり箱、昔は一家に一個あったのかなあ。そんな
メジャーでもないか。
ちえの輪や ルービックキューブのほうが確立高いか。

まさか、ハナタレの頃、将来お宝になるなんて、思いもしなかったもんね。
タイルの洗面台とか、あったんだよなぁ。味のあるちゃぶ台も。

ともスケも、おじいちゃんの思い出、ココロの中にたくさんあるんだろうね。
思い出という名のお宝、大事にしていこうぜ。

命日や お盆に限らず、いつもありがとーって、天国向かって
送信しよーぜ。

いぷみ様 Re: アリ*:・(*-ω人)・:*ガト

ヒョエエエエ、恐れ多い。
中高生の皆様に、勉強はもちろん、人生で大切なものや
心が豊かになる事を教える、すばらしいお仕事をされているのですね。


いぷみさんが先生で、生徒さんはとても幸せだと思います。
提灯、ひさびさに作りましたが、かなり細かいので
生徒さん、飽きちゃいませんかね?
少なくとも幼き私は 一度、完全に投げ出しましたが。

こんな地獄行き予備軍の私のブログでよければ、いくらでも
お伝えしてくれて構いませんよ。だいじょぶですかね、教育上(笑)
いぷみ先生に 全てを預けます(^^)

ほんと、ばあちゃんの事思うと、いつでもどこでも涙腺がユルんで
しまうんですわ。ほんと、おばあちゃん子だったので。

もしよければ、一緒に地獄の入口で隠れてて ウチのばあちゃんに
連れてってもらいますか、いぷみさんも。 ← 地獄行きの前提で提案してますけど。


ちかこ様 Re: 泣く・・・・

今の時代では、祖父母と離れて暮らすのは 決してめずらしい事でも
ないようですね。でも、だからって悲しい事でもないと思いますよ。

自分の過去に おばあさまとの思い出が薄くても、ちかこさん等身大の
引き出しと愛情を 受け継いでいけばいいんだと思います。

身内でなくても、他人に対しても そうやって歩みよれば
そこからすごく幸せな流れが生まれると信じてます。

チラシちょうちん、これは私の代で終わりなのでは。(笑)
これ1個作っただけで、目ショボショボ。肩バリバリ。
受け継いだらタイヘンよ。

macoさん、
祖父母から受け継いだ何か大事なモノ、すんごく共感しました。(^^)
私のおじーちゃんなんて、新聞紙を折り紙くらいの大きさに切って数枚まとめておいて、鼻をかむときに使ってましたもん・・・。
それと、どこに住んでも体が動くまで小さな畑を作って野菜を育ててました。
もう遠い記憶ですけど、最近になってよく思い出します。
清貧、手仕事の大切さを次の世代に伝えてくれたんだなぁって。
一方、母方の方のじーちゃんは買い物好きで家の中がモノで溢れてて対照的だったけど(^^;)。

初めてコメントさせていただきます。

いつもクスっと、時には爆笑しながら拝見していました。
でも今日は泣いてしまいました。。。皆さん泣いちゃってますね。。。

私も数年前までに祖父母が他界しました。
私は大阪、祖父母は和歌山。
小さい頃は毎週のように帰省してました。

自分が働くようになって、なかなか行けなくなり
結婚して関東に来て、ますますご無沙汰になり
そんな中、祖父母は亡くなってしまい
もっと会っておけばよかったと今更悔やんでいます。

やはり祖父母の家は取り壊されることになったので、
いくつか祖父母のにおいのするものを持ち帰ってきました。

私もそれらの宝物を大事にしていきたいと思います。
そして祖父母との思い出を時々思い起こしながら大事にしたいです。

思い出の品といえば、
祖母がわたしに畑で取れた野菜を送ってくれて、
届いてすぐに心臓発作で急死したのですが、
そのときのほうれん草が冷凍庫に入ったままです。。。
おばあちゃんの最後の野菜。。。どうしよう。。。

初コメントで長文失礼しました

(T_T)

泣かされてしまいました...。
読み進むうちに 私の亡き祖父母、父母を思い出してしまって。
いつもの男前な記事を念頭に読むと 
コテッと 足元をやられちゃいますね。

ミシンの修理を仕事にしていた祖父

「もったいない」が口癖で 向こうが透けて見えるほど
羊羹をうす~く切っていた祖母

読み終えた新聞を きっちり四角に畳んで 机の角に直角に置いていた父

映画「sound of music」に魅せられて カーテンを切りとって 私にワンピースを作ってくれた母

久しぶりに心がきゅんとなるような思いと共に涙してしまいました。
素敵な想いをわけてくださって ありがとう。

miss chihaya Re: タイトルなし

Hi,miss chihaya. まだまだ寒いですな。
ダメだ、畑しごとしてるおじいちゃまを想像しただけで、ウルッときてしまう。

新聞紙をチリ紙に。新聞とってれば、一生チリ紙で困ることないですね。
思えば、祖母は、祖父のタバコの空き箱を解体してメモ帳にしていました。
すべては「 もったいない精神 」からくるものでしょうね。

断捨離が、なぜ今の時代に流行るのか、私なりに思うのは
モノの質・量が すでに快適レベルを超えてしまったからだと。

昔は、必要最小限の実用品しかなかった訳ですし、
実用品の残骸から 「遊び」や「代用品」を生むしかなかったんですね。
でも、不思議と へんな貧乏くささは感じません。
知恵と工夫が、そこにあるから。

母方のじーちゃん様も、昔はモノが欲しくても手に入れられなかった
厳しい時代を生き抜かれたのではないでしょうか。だとしたら
多少散らかろうが、埋もれようが、心が満たされていたと思いますよ。

大切にしましょう、かけがえのない思い出。(^^)

やっさん様 Re: タイトルなし

やっさんさん、こんにちは。ごめんなさいね、なんか
しんみり浸ってしまって。ちょっと思い出したらブワッて溢れてきて。

やっさんさんの悔やむお気持ち、お察しします。
私は死後の世界とか、その手の話は興味はないのですが、祖母を思うと
人間死んだら「 無 」 になるとは、到底思えないのです。

思い出という名の財産、これからもずっと、やっさんさんのお力になると思いますよ。
野菜に託されたおばあさまの想い。やっさんさんに、確かに届いたのでは?
だとしたら、言い方は適当ではなけれど、すでに「 抜け殻 」 だと言えます。

時々おばあさまを想いながら、前向きに生きるやっさんさんには、
そのお野菜は、もう必要ないかもしれません。

ありがとう、という気持ちを伝えて、土に返してはいかがでしょうか。
決心ができない間は、大切に保管されたらいいと思います。

これからも、お時間ありましたら寄ってください、やっさんさん。
温かいお気持ち、ありがとう。

けろ様 Re: (T_T)

生きている者は、いつかは亡くなるわけで、「 死 」は決して
不幸とか、悲しい事ではないと、心では分かってはいるのですが。

けろさんのご家族の思い出は、けろさんだけの、最大の宝です。
もう過ぎ去った事なのに、思い出とは、とても温かく自分を支えてくれます。

私はいつか、あっちで祖母と会う事になっています。
祖母はウソついたことないから、絶対会えるはずです。

私が思うに、あっちからは、こっちは見えないと思うのです。
だから、たくさん土産話を持っていくつもりです。

だから、毎日笑顔で、いろんな事にトライして、毎日を送りたいです。

こちらこそ、けろさんのご家族のやさしい思い出を分けてくれて、ありがとう。

あ。もちろん、けろさんとのAVPの話も、祖母に届けるつもりですよ(笑)



 



こなす様 Re: いやん・・・

こなすさん、すいません、返信コメントしたのですが、
ちゃんとアップされていませんでした。ごめんなさい。

もう、祖母の事思うだけで、涙腺こわれそうです。
おばあちゃん子だったのですが、だんだん近所の友達や
学校の友達と遊ぶ事が増えるじゃないですか。

おばあちゃん、どんな気持ちだったかなって。
もっともっと、遊んであげればよかったって。
( 遊んでもらってたのに。上から目線の、傲慢な私。 )

私は将来お花屋さんになるって言ったら、祖母は
「 大きくなったら、お花屋さんになるの、おばあちゃん楽しみだよ。 」
って言ってくれてたのに、私が中学生になった頃には
「おばあちゃんがいなくなった頃には、macoちゃん 立派なお花屋さんになってるだろうね。」
とか言いだしてました。 あかん、また泣きそ。

そして花屋には就職せず、
わがままで、傲慢で、しょーもない人間になってしまいましたが。
もちろん、後天的なもので、遺伝子のせいではありませんけど。

もすこし、マジメに軌道修正しようと思います。
笑顔で。恥じない生き方を。

おばあちゃんという存在

macoちゃん
優しいおばあちゃんだったんですね。ウラヤマスィ~
私の祖母は、哀れな人でした。
自分は「氏族の生まれだ」、と言って廻るような人。
かわいがってもらったなぁ~、という記憶もあまりなし。

なので、「年寄り全般苦手」でした。

娘たちが、私の母を「あばあちゃん」と呼び、おばあちゃんに甘える様子は、
私ができなかった、おばあちゃんと孫の関係です。
痴呆で、スッカリわからなくなってしまった母。
でも、その姿を娘たちは「おばあちゃん、かわいい」「おもしろい」などと言い、
愛おしく思っているようです。

へ~。
そんなもんか。
娘たちが母を思う気持ちが、不思議だったり、ありがたかったり。

macoちゃんのおばあちゃん、素敵な方だったのね。
せっせと手を動かす。
働き者の手。
三代目も、その遺伝をしっかりと受け継いでいるね。
心温まるお話、ありがとう♪

泣ける…><!!!

macoさん、お久しぶりです!

というかなんてイイ話なんだぁ~><
泣けますなぁ~
読んでいて、「菊次郎の夏」のsummerが頭に流れましたよ~
チャラララ、ランララ~~~♪

もうね、おばあちゃんと孫、とか、おじいちゃんと孫、とか
私の涙腺崩壊No1ポイントなんすよ。
およよ…

macoさんのDIYのルーツはおばあちゃんの提灯なんですね。
ステキです!

うらやましい限りです

おばあさまとの素敵な思い出、本当に鮮やかな映像が脳裏をよぎりました。

私の場合、母方の祖母は幼稚園のときに他界してしまい、思い出が具体的に残る前に別れてしまって…

父の方の祖母は痴呆で、物心ついた頃には訪ねていくと「この子、どこの子?」と言われるばかり。
こちらは私が就職してから亡くなりましたが、介護をめぐり親戚が頻繁に揉めていた記憶もあいまって、重荷にはなっても思い出には全くならず、そんな存在でした。

ということもあり、普通に一緒にお買い物にいったりしていたおばあさまがいる人がうらやましくて
でも今回のエントリ拝見して、いやはやここまで素敵な関係を築いておられるお二方が、まばゆいばかりです。

素敵な、そんな言葉しか思い付きませんが、お話、ありがとうございます♪

マキマキ様 Re: おばあちゃんという存在

たしかに、優しい祖母がいたことは、とても幸せな事でした。
亡くなった時の悲しみも、とても大きなものでした。


私には、兄がいるけど、大人になってからたまにしゃべるように
なったものの、昔は会話も少なく、あまり仲の良い兄弟ではなかった
ので、(スマン、兄よ。)他の楽しそうな兄弟を見て、どこかで
ウラヤマスイ~って思って過ごしました。

娘さんの、お母さまに対する優しさ、マキマキンには
不思議に映る事もあるかもしれないけど、とても素敵な娘さんだね。誇りだよ。

家族の思い出、決して楽しかったことばかりではない事もあるし、
他人と比べる事でもない。ただ、受け入れていけばいいと思ってる。

わてらも、いつかおばあちゃんになるけど、オモロいばあちゃんに、なろな。



ひろみ様 Re: 泣ける…><!!!

ひろみさん、ご無沙汰です!寒いですが、体調はいかがですか?
私は、今こうしてパソコンに向かってる中、地味にノロウィルスと
戦っております。


孫からみたらね、ホント、じいちゃんばあちゃんは涙の爆弾みたいな
ものでね、亡くなってからも、爆弾がボンボン破裂するからね。

テレビのドキュメント見てても、涙もろくて困る。
そんな時、もっとクールな人間だったらラクなんだろうか、とも思っちゃいますが。
でも、思い出に浸る涙は、決して悲しい涙ではないはずだしね。

今日も提灯に合掌。パンパン! ばあちゃん、元気ですか?

cocue-cocue 様 Re: うらやましい限りです

その家族には、その家族なりの 幸せや忍耐が
あるものだと思っています。

私の祖父も、cocue-cocueさんのおじい様と同じく、私が小学生の頃
痴呆になってしまったので、私の事を孫として認知できていたかどうか・・・

母や祖母の介護している姿を見ているだけで、心苦しく思いました。
徘徊するようになり、気性も荒くなってきて施設に入ってもらう事になり
肺炎をわずらい亡くなりました。
だから、祖父に対しては あまり楽しい思い出がないのは事実です。

cocue-cocueさんの、辛い思い出が蘇ってしまったとしたらごめんなさい(> <)
なのに、こんな優しいコメント下さって、ありがとう、cocue-cocueさん。

大切な思い出はこれからも胸に、辛い思い出はそっと流して
これから楽しく生きていければいいと、私はそう思っています。

いろいろ考えさせられました。ありがとう、cocue-cocueさん。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://myajito.blog59.fc2.com/tb.php/194-7fd2aa04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リメイクハンガー ふたたび  «  | BLOG TOP |  » DIY ポスターフレーム

プロフィール

maco

Author:maco
かかと ガッサガサ。

カテゴリ

インテリア雑貨 (5)
リメイク家具 (18)
日用品・便利雑貨 (35)
DIY雑貨 (40)
ハンドメイド雑貨 (30)
収納 (40)
100円さま (21)
ライフ (17)
布しごと (19)
デジタルしごと (6)
CLUB THURSDAY (19)
インテリア あるある (6)
おでかけ (13)
ごあいさつ (5)
ここだけの話 (0)

アジト好み

おきにいりブログ 50音順

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。