2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつもの塗りモノと 祖父の絵

JII_01.jpg

JII_02.jpg

JII_03.jpg

JII_0004.jpg

JII_05.jpg

JII_06.jpg

JII_07.jpg

にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ
にほんブログ村

↑ お越し頂き、ありがとうございました。
  で、冒頭の紙袋は まとめて一か所の隙間に 押し込まれましたとさ。
 


★5STYLE インテリアブログランキング★
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ギョウカイの方!!

前半の塗り塗り作業で感心して終わると思っていたら
後半でまたも感傷にひたる時間をいただきました。

えっとー、おじいさまの絵。。。
これはあれでしょう?
『昭和の日本と戦争』とかいうタイトル(安易だけど)でNH●で放送する番組の資料なんでしょう?
プロデューサーの人、取りにきたんでしょう?
隠してもだめだよ~。放送日いつ?macoさまも出演する?顔出しOK?


・・・・・すみません、取り乱しました。
だけど、本当にこれ貴重な資料だよ。
macoさまの身の回りには番組になったり、本になったりするものが多くて驚いちゃうわ~。
『夏休みに昭和歴史博物館に行ってきました~』って、学校の先生に言っちゃうよ。
(私が小学生なら^^ゝ)

おじいさまの『朝の光~~~~愛の光』なんて相当水準の高い詩的な文章ですよ。
あ、なんか上から目線ですみません。
あぁー、ブログのみにとどめておくのはもったいない。
どうか、そういったギョウカイの方の目にとまりますように。。。と祈らずにはいられません。

戦争に行った方やその家族、皆さんそれぞれに貴重な体験と深い思いがあるんだろうけど
こんなふうに絵や文章にたくさん残っているのって少ないと思う。
珍しいものを見せていただいてありがとうございます~。

はじめまして。とても貴重で素晴らしい絵をありがとうございます。
心に沁みました。

shoko様

なんだろ、shokoさんに褒められると、どんどん元気になってきます。

私のテレビ出演?そーですねェ・・・今後、可能性があるとすれば
ビューティコロシアムでしょうか。 あ、全然まだ未改造ですけど。
もしくは、夜の渋谷24時とかの番組で 泥酔して暴れる女性A。

じいさんとの思い出は あんまり残ってなくてですね。
けっこうな量の 資料やキャンバスがあったと思われますが、

父上命令でほぼ全て 処分してしまったんでね、
残っているのは 数枚のハガキだけです。

自称 画家。 そんな人は ごまんといるでしょうし、
ウチのじいさんも そのひとりですよ。
お宝鑑定団に出したら、ハガキ全部で 10円とかじゃないですかね(笑)

戦争モノの 映画を観るたび、じいさんの絵が 頭をよぎります。
世の中、楽しい事ばかりじゃなくて、辛い事もいろいろあって
なんていうのかな、「 負 」 の感情って いろいろ わき出てしまうじゃないですか、人間。

でも、人生を全うするまでには ちゃんと浄化して
きれいな心でいられたらなと 思います。

今の日本は 大きな戦争はないものの、地味で複雑な犯罪が増えて
しまったので、巻き込まれないように 正しい判断ができるように
自分を強くもってないと だめですよね。

人を憎まないように、まずはそこからなのかな、と思います。

いつも励みになってます。shokoさん ありがとう。


ハニン様

ハニンさん、こんにちは。
きっと、天国のじいさんも 喜んでいると思います。

まさか、自分の描いた絵が、この時代になって 孫のブログで
紹介されるんて 思ってもみなかった事でしょう。

私は 絵を描くのが好きなので( 上手ではありませんが )
そこは、じいさまゆずりなのかなと 思っています。

亡くなってからも 残された絵や言葉は生きていて
世に訴えかける力があるのだなと 思います。

博物館などに展示してある 貴重な作品も
造り手の いろんな思いや 時代背景が詰まっているのだなと思うと
今後も 見る目が変わって 深く堪能できそうです。

ハニンさん ありがとうございます。
あなたの ご丁寧なお気遣いの言葉も、私の原動力となります。

これからも いつでも覗いてくださいね。
更新は 今のところ 週2ペースでございます。
なんせ、内容が コッテリ超ロングなので、このスタンスを守り抜くには
それが限度でして(笑)

いつでもお待ちしています、ハニンさん。

めっそうもないです^^ゝ

いえいえmacoさまのブログこそ、私の毎日の癒し、安らぎになってます。
いつも異常にコメントが長くてすみません。
書き終えてから毎回反省しております(汗)

おじい様の絵が、すばらしすぎて泣きそうです。
戦争のことを、語れる人が少なくなってきている今
この絵はとっても貴重な、あの時代を語る物だと
思います(興奮)!額装したいっ!(←勝手に)

いつも、ご家族の素敵な作品を見せてくださって
ありがとうございます~!!

たまらなくなってコメントしました。。。。

私も、もちろん戦争を知らない世代、でも、やはり祖父は、戦争を生き抜いた人でした
その経験をした人は、みな
そのときの事を語らないですよね
自分の想像を絶するような事があったんだろうと
小さいときに、祖父としっしょにお風呂に入ったときに見た
銃弾を受けた体を見て、幼いながらに思いました
私は、祖父母育ちの人間なので
その時代を生き抜いた人の背中は、本当にたくましく、素敵だと思います
常に、前向きなその姿勢を、是非是非受け継げたら素敵だと思っています

おじい様の絵、本当に味があって素敵ですね
その絵を、素敵だな、と思うか
見過ごすか。。。。
やはり、macoさんの人柄がとても素敵だと、あらためて感じました

いつも、元気や、パワー、アイデア頂いています!
ありがとうございます

おじい様の絵、心にグッときますね。涙が出てしまいました。
私の亡くなった祖父も戦争を体験した人で、左足に銃弾の跡があり、左足は動きませんでした。
小学校の頃、戦争の体験を家族に聞いてくる宿題が出たとき、「なんて聞きづらい宿題なんだろう」と、胸が締め付けられて、泣きそうになったのを思い出しました。
祖父は堂々としっかり生きて、自慢のじいちゃんでした。

軍モノグッズ、私は好きな方です。昔は、戦争に関係するものだし・・・、と気にしていました。
が、最近はそんな気持ちを無視して、カッコイイかどうを重点的に考えていました。
こんなんじゃダメですね。

そんな自分、じいちゃん、戦争、それに関係する諸々を、丁寧に見つめ直すことがmacoさんのおかげで出来ました。macoさん、すごいです、面白い時も真面目な時もいつも大切なものを心に届けてくださって、ありがとうございます。

暑いけど、頑張ってください!

私も今を前向きに生きるために、ガリガリ君の当たり棒、早目に交換に行きますね、無邪気に♪

よかった

いつもアリ*:・(*-ω人)・:*ガト、まヴぉさま。
いづは今回もひとりで感動して泣いておりましたよ。
自分だけかと思ってたけど
ほかの方々も涙を浮かべられたとのことでひとりじゃないんだとほっとしました。

まヴぉさまのおじいさま、当時の学校の先生をなさるってことは相当博学で相当徳の高い人物でないとなさってないと思います。
こう言っては失礼ですが今の教師とは雲泥の差ではないでしょうか。
美術の先生だからといって美術にとどまらず、達筆でもあるし詩の心得ももっていらしたようで
歌舞伎役者のマネをしてたうちのじーちゃんとはエライ違い。
ちなみにばーちゃん(存命)はその追っかけでしたが・・・w

戦争の話を聞くと
いつも見たわけでも聞いたわけでもないのに
涙が出ます。

中国の詩だろうが(実際春望を読んで泣いたイタイ子です)
日本のまヴぉさまのおじいさまの絵だろうが
作り物とわかっていてもテレビの戦争のドラマだろうが

人が、たくさん、いろんな思いを抱えて死と隣り合わせで生活していたこと。
無念のうちに亡くなった方がいたこと。
その人にはたくさん大事な人がいて、その大事な人たちも悲しい思いをしたこと。
そういう心の痛みが今忘れ去られて命を粗末にする子供が増えていること。
子供だけじゃないか・・・。

何かあれば死にたいなどと言っていた時期が自分にもあったことを
改めて反省させられました。

いつもアリ*:・(*-ω人)・:*ガトまヴぉさま。

今日は大阪は通り雨降ったり雷なったりで今晴れてたり変な天気ですが
今日も家事と仕事頑張ります。

普通に生活ができることの幸せを喜べる豊かな心を。
掃除機かけながらかみしめることにします。

shoko様

わ。 shokoさん、なんで そんな反省するんですか。
おやめなさって。

コメ返しが めんどうなのでは?と、思われたのでしょうか?
とーーーーーーーーーーーーーんでもない。

元気を分けてくださってるんですもん。 その感謝をお伝えする事、
私はとても楽しみなんですから。

二度と、コメント長い事を反省しないよ~に(^^)
罰として、今後 短いコメントは受け付けませんよ。(笑)

じろはは様

天国のじいさん、じろははさんのコメント見て
泣いてると思います。

じろさんの体調がどんどん良くなったとしたら
それは じいさんのパワーもあるかも・・・?
ベランダから、空に向かって手ェ振っておいてください(笑)

戦争のむごさを忘れない事と、
日々 思いやりを持って人に接する事が
これからの私たちにできる 平和への歩みなのかもしれませんね。

じろさんは 私にとって神の化身。
平和なオーラを頂いてます。
そんな もふもふ神様のお腹に埋もれたい・・・。

じろさんがベランダで 空を見上げて固まってたら、
きっと じいさんと交信してるものと思われます。

じろさん & じいさん。
最強の神だと 思いませんか。

貴重

おひさしぶりです。

おじいさまの絵、みなさんがおっしゃってるように、戦時中のことを後世に伝える
とっても貴重なものだと思います。
思い出すのも、口にするのも苦しい思い出。
でも二度と戦争はしてはならないと、平和な世が続くために
お祖父様が自らの記憶をたどって、絞りだすように書き残された絵は
とても雄弁に語りかけているように思います。

戦争の地獄の日々を体験したお祖父様。
夏のごく当たり前の風景がどんなにか神々しく、
有り難いひとときに感じられたのでしょうね。

ぜひぜひmacoさん、大事に大事にしてくださいね。

私の祖父も戦争に行きました。
父方の祖父はまったく私達に戦争の話はしませんでしたが、
祖父母がなくなり、家を壊す時には軍服が出てきました。

母方の祖父は1度か2度戦争の時の話をしてくれました。
騎馬隊で、居眠りをしてしまい、
気がつけば周りに味方は誰もいず、鉄砲の玉がかすめる中を
命からがら逃げた話。

時々話の端々に軍人だった誇りを感じる人でした。
亡くなった時、お棺の上には懐刀代わりに軍刀がおかれました。
(本当は返さなければならなかったんでしょうけど。)

私たちは戦争を知りませんが、
戦争体験者の方の貴重なお話を直に聞けたり、
その体験した人が持っていた本物(?)を目の当たりにできる
最後の世代かもしれませんね。

macoさんのお祖父様の貴重な絵。
見せていただいてありがとうございました。

長文失礼しました。

mame様

こんにちは、mameさん。(^^)

そうだったのですか、mameさんのおじいさまも、
厳しい体験をされたのですね。

銃弾を受けたとは。打ち所が悪かったらと 想像するだけで
辛くなります。 よく 無事に帰還されたのですね。

私は、あまり祖父との思い出が残っていないのですが、
mameさんのおじいさまは、余生を かわいい孫と静かに
過ごされたんですもん、とても心穏やかだったでしょうね。

国は 年配の方を 前期だ後期だと区分けしたり
年金が飛んだりと、あまりもの対応ですが、

年配の方々こそ、プライドを持って生きてほしいです。
若年層から見て 目標となるような 存在でいてほしいと思っています。

mameさんのように 優しい心で みんなに
愛を持って接して生きていきたいものです。

mameさんのお人柄こそ 文面ににじみ出ていますよ。
パワーを頂いているのは 私のほうです。
感謝してます。 いつも ありがとう、mameさん。

ニシキゴイ様

とても 尊敬せずにはいられない じいちゃん様ですね、ニシキゴイさん。

たしかに、小学生の夏休みは、戦争にまつわるビデオ観賞があって
感想文を書かなければいけない そんな課題があったように思います。

できれば目を伏せたい、怖くて 辛い戦争。
でも、じいちゃん様は 左足を代償に お国のために働き 立派に戻られた。
胸の内は、じいちゃん様にしか分からない想いがあった事でしょう。

じいちゃん様は 亡くなっても、ニシキゴイさんの心で 共に生きておられますから。

軍モノグッズは 私も大好きです。カッコイイ。それでいいです。
大切な 愛するものを守るために、軍人さんがいるのだと思っています。

世の中、悲しいことに 悪いヒト達がいて、弱い者いじめをしてくるから
強い力をつけて 国を守らなければいけない。 それが軍人さんであって、
それが じいちゃん様だったのではないでしょうか。

だから、じいちゃん様との良い思い出と一緒に 軍モノのインテリア雑貨を
楽しめばいいと、私は思います。

ただひとつ 物申す!!
かなりの頻度で ガリガリ君食べてるのに、なぜ 私には 当たりが出ないのだッ!
ずるいぞ、ニシキゴイさーーーん。( いや、全然ずるくないだろ。)

いぷみん様

歌舞伎役者のマネをされてた いぷみんのじーちゃん様。
今も元気でいらっしゃったなら、私も 追っかけさせて欲しかった。

戦争映画 たまにテレビでもやってますが、本当に心苦しいものです。
人間が コマのように扱われているような感じがして。

実際の戦場は どれだけ恐ろしいものなんでしょうかね。
そう、簡単に 頭の中に 死をよぎらせてはダメですね。

嫌な事も 辛い事も、生きてれば 何かしらあるけれど
人を憎いと思う気持ちも湧き出てくる時もあるけれど

それを乗り越えて 「 許す 」 事ができる人間は とても強いと思います。

時代によって、悲しくて醜い争いが繰り返されているけど
カギは やっぱり、人の心の中にあるんですよね。

普通の生活。本当、とても幸せな事です。
私は かみしめながら、今から トイレ掃除します。
いぷみんの心のように ピッカピカにしてきます。

天国の いぷみんじいちゃん様、そちらの舞台、いつか観にいきますゆえ。(^^)

やっさん様

やっさん! おひさしぶりです。
お元気でしたか?

やっさんのおばあさまが 送って下さったという
あのほうれん草の行方が 気になっておりました(笑)
とても丁寧なお言葉を頂いたので、はっきりと覚えています。

人と人、国と国。思想も文化も異なる間柄で、意見が割れたり
争いが起こるのは 仕方のない事なのかもしれません。

ただ、その解決方法が たくさんの犠牲を出してしまう
「 戦争 」 でなければ ならなかったのか、
なぜ 話し合う事で 譲り合い、受け入れる事ができないのか。

領土問題ともなれば、代表の人物だけでなく
国民全体が 嫌な思いを強いられる事になりますね。

やっさんの母方のおじい様の秘話は
想像するだけで 背筋が凍ります。

一瞬タイミングがずれていたら。場所がずれていたら。
ご無事に帰っていらして、本当によかったです。
軍服を捨てずに保管されていたとは。

厳しい時代を生き抜いた 誇り高い方々の経験談や遺品から
ほんのわずかかもしれませんが その辛い想いを共感でき、
これは、ある意味 感謝するべき事ですね。

今後の人生で 活かしていかねばと思います。
やっさん、あなたのお言葉は とても重みがあり
真価を深く問う機会を与えて下さって 感謝しています。ありがとうございます。

とんでもございません

恐れ多いお褒めのお言葉、恐悦至極でございまするぅぅぅ。

まさか、うちのおばあちゃんのほうれん草のことを覚えていてくださったとは(涙)

干物の様に、押し花のようになってしまったほうれん草。
ばぁちゃんに申し訳なくて、涙したりしましたが
もう年数が経ちすぎてどうしようもないもので、
ついに処分してしまいました。
ありがとうの気持ちを念じつつ。

そのおばあちゃんの息子である、私のおじさんが亡くなりまして、
そしたら夢におばあちゃんとおじさんが出てきました。
すごくやさしく笑いながらふたりで私が寝てる部屋に来てくれたんです。
きっとほうれん草のこともおばあちゃんは許してくれてそうでした。

なんか私がコメントすると、長いし、
おもーい感じになってしまいすみませんです。

実際はおもろいことが大好きな関西人です。(関東在住。)
いつもブログを読ませていただいては
「ぷぷぷ」と吹き出させてもらっています。
なにげにアジトの警備部隊のファンです。彼らが出てくるとうれしいっす。

これからもよろしくお願いします♪

やっさん様

じゃ、こうしましょう。
やっさんに限り、 短くて軽いコメントは いっさい受け付けません(笑)

どれだけ楽しみにしてると思ってるんですか。
それにしても、その夢。
ただの夢とは思えませんよ。 やはり人って、亡くなってからも
無になるとは とても思えません。

ほうれん草を通じて また おばあさまと繋がったのだとしたら 素晴らしい。
感謝をもって 処理されて、それでよかったのだと思います。

DNAに 笑いの素が流れている 関西のお方でしたか。
チョモも 関西出身なんですけどね、あの人は おもろいというより ただのアホーです。

私もたまに思い出に浸った記事を書いてしまうのですが、ふだんはアホーな空気で、
というのは やっさんもご理解頂いていると思うので、カモンベイベー ついて来て。

こちらこそ、よろしくお願い致します♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://myajito.blog59.fc2.com/tb.php/258-94666f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

また 急に 彼女に 呼ばれまして。 «  | BLOG TOP |  » ある夏の日の 無目的 リメイクDIY

プロフィール

maco

Author:maco
かかと ガッサガサ。

カテゴリ

インテリア雑貨 (5)
リメイク家具 (18)
日用品・便利雑貨 (35)
DIY雑貨 (40)
ハンドメイド雑貨 (30)
収納 (40)
100円さま (21)
ライフ (17)
布しごと (19)
デジタルしごと (6)
CLUB THURSDAY (19)
インテリア あるある (6)
おでかけ (13)
ごあいさつ (5)
ここだけの話 (0)

アジト好み

おきにいりブログ 50音順

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。